2017.03.27 Monday

合成香料にも抵抗力がない私

先週の火曜日愛知県の本社に来てから、私の事務所がある二階に上がっていくと、何とも奇妙な臭いがしてとても不愉快な気分になりました。

臭いの原因を探っていくと、トイレ横の洗面台に置いてある石鹸の、合成香料の臭いだと分かりました。

私は無香料の石鹸しか使ったことがないので、市販されている石鹸の臭いの強さに驚きました。

英会話の教師が、私が北海道に居るときに石鹸が無くなりかけたので、どうやら買ってきたのか家から持ってきたのか分かりませんが、石鹸台に補充したようです。

私は教師の行為を無にするようで申しわけないと思いましたが、無香料の天然石鹸に取り換えました。

「I'm   sorry,   I   changed  it  for  this  sorp   because   this   soap   smell   was   strong for  me 」

と、私は正直にシンプルに教師に言いました。

教師は笑顔で

「Thank  you .   It's   no  ploblem 」

と言ったので私はホッとしました。

何故なら教師は好意でしてくれたことなので、それを頭から否定してよいのかどうか迷いましたが、嫌なものは嫌と言った方が良いと私は判断しました。

しかし、皆さんの家庭ではこういう石鹸を使っているのかと思うと信じられません。

慣れとは、人間の嗅覚を麻痺させてしまうのかもしれません。

その石鹸で手を洗ってみたところ、洗っても洗っても合成の香料の臭いが取れないのです。

これをいい匂いと思うのか、嫌な臭いと思うのかは、それぞれの感じ方の問題ですが、私はやはり合成の香料は受け入れられない体質のようです。

合成香料の入った石鹸から無香料の天然石鹸に取り換えて以来、また元の何もにおわない洗面台の前に立ち、私はこれで良かったと思っています。

  

 

 

2017.03.26 Sunday

孫たちが我が家へ

今朝から名古屋市に住む孫たちが、我が家へ遊びに来ています。

また背が伸びています。

迎えに行った車の中で、お正月以来の積もる話しをしました。

私は学校のテストや成績表に関する質問は、これまで二人には一切しません。

勉強ができてもできなくても、私の孫にかわりなく、成績が良い子が人間性が優れているとは限らないからです。

私はこの子たちは今何を考えているのだろう、ということには注意をはらいます。

もし間違った道に行くのではと感じたら、その段階で気配りをしますが、今のところはその心配はいらないようです。

私が聞かなくても、娘が学期ごとに孫の成績を知らせてきて、塾へも行かずよく頑張っていることは分かっています。

孫たちは二人とも素直で可愛く、私はこれからも孫には甘い普通のおばあちゃんであり続けます。

2017.03.25 Saturday

心底有り難いと思いました

滞在先の愛知県(株)りんねしゃ本社にスタッフから連絡がありました。

愛犬はなの眼が充血して、目やにが出ているとのことでした。

さあ困った、すぐ飛んで行きたくてもそうできない場所に居ます。

すると、スタッフの一員で友人でもあるYさんが、はなを隣の市の獣医さんまで連れて行ってくださるとの嬉しい電話が・・・・。

そして、先ほど「今終わりましたよ。先生に目薬をさしてもらってはなちゃんはいい子ですよ」との言葉に、私は嬉しくて嬉しくて、そして感謝感激です。

そういう親切を受けると、どうやってこの有り難さを伝えようか、どうやってその恩に報いようかと、私はそればかり考えてしまいます。

ものを言えず目の不調を私にも見てもらえず、はなの気持ちを考えると居ても立ってもいられず、そんなときの助け舟はただ有り難いとしか表現の仕様がありません。

こういうことまでも周りに助けられながら今の自分があると思うと、もっともっと関わりのある人たちを私は大切にしようと思います。

世の中は持ちつ持たれつといいますが、そういう風潮が薄れてきている昨今、まだまだ助け合いの精神がはっきり残っているのを、私は身をもって友人から教わりました。

(はな、よかったね。そちらへ戻るまで待っててね) と、私は声にならない声を遠くのはなに掛けています。

 

 

 

2017.03.24 Friday

私の飲みものは・・・!

私が常時飲んでいる飲料は、ずっと以前から天然の炭酸水ペリエと、硬質のミネラルウォーターでカルシウムの含有量が多いコントレックスです。

そこへここ1ケ月ほど前から、トマトジュースが加わりました。

今は完治しましたが目まいのため病院にかかったところ、お医者様から血圧を測るように言われました。

私の身内はかつて父母も血圧が高く降下剤をのんでいましたし、4人の姉たちも血圧の薬を飲んでいるそうです。

いつも姉達から「あなたも片岡(私の旧姓)の血を引いているんだから、血圧には気をつけなさいね」と言われ続けています。

姉達は皆若い時は低血圧で、更年期を過ぎたころから血圧が上がり始めたそうです。

そこでお医者様の言われるままに私も血圧を測ってみました。

ところが測り方が悪いのか、その数値は驚くほど高かったり、全くその逆だったりと一定していません。

薬嫌いの私が血圧の薬を飲むようになったところで、飲み忘れたり飲まなかったりするのは分かっているので、私は対応策を私なりに考えてみました。

体重の増加は体に良くないことから、中性脂肪を燃焼する働きがあり、脳卒中を防いだり生活習慣病の予防にもなり、抗酸化作用があるトマトジュースに私は目をつけました。

そんな訳でトマトジュースに熟成させた酢を混ぜ、毎日コップに1-2杯飲むことにしたのが1月前で、それは順調に続いています。

どうかトマトジュースに含まれるリコピンの力で血圧が安定しますようにと、自然の力天然の力を今は信じたい私です。

 

 

 

 

2017.03.23 Thursday

早くも (たらの芽) が

たらの芽

                         早くも芽吹いたたらの芽

 

愛知県津島市はまだ小寒い日がありますが、自然界には春が到来しています。

今日は(株)りんねしゃ本社に隣接する社長の家の庭で、たらの木が芽吹いているのを見つけました。

たらの木は数本あり、高い木にはいくつも芽が出ていて、いかにも美味しそうです。

私はこういう天然・自然の植物が大好きで、北海道滝上町の ありすの農場 にも、たらの木がたくさんあり、毎年芽が出るとそれを採って天ぷらや味噌和えにして食べています。

自然の恵みは天然のカルシウムを摂取でき、それに美味しさが伴うので一石二鳥です。

滝上にも春は必ず来るので、今年も自然の恩恵にあずかろうと思っています。

 

 

 

 

2017.03.22 Wednesday

一杯のお茶に心が和む

昨日北海道旭川空港を発ち、中部国際空港から夜愛知県の本社に来ました。

中部国際空港にお茶の美味しい店があり、昨日もそこに寄りました。

私が飲むのはいつも ほうじ茶 です。

一般市販のほうじ茶は、煎茶に出来ないような部分や葉や茎を焙じて、ほうじ茶として販売しているので、ほうじ茶は安いものという印象があります。

りんねしゃで販売している福光園の [おいしいお茶 ほうじ茶] は、茶葉の先端の一番良い部分を煎茶にし、それを焙じているので、とても高品質で美味しいほうじ茶です。

中部国際空港にあるその店も、まさしくりんねしゃのほうじ茶と同じく、香りが良く口に含んだ時フワッと口中に美味しさが広がり、とても上品で質の良いほうじ茶です。

その店で飲む一杯のほうじ茶は、可愛い和菓子が一つ付いていて750円ですが、それだけの価値は充分あります。

美味しさを追求したものは、どんなものでもそれなりの価格が付いていますが、私は値段は正直でその商品の価値を表すものだと思います。

美味しいお茶で気分を整えたあと、いつものように名鉄電車に乗り津島市へたどり着き、私は今日から(株)りんねしゃ本社で、毎月恒例の仕事をしています。

 

 

2017.03.20 Monday

今日は焼き豚仕込みの日

[ありすのまごころごはん]をたべていただいたお客様が 九品目のおかずの中の一品 [焼き豚] を食べ「これは旨い、一品料理として出すといいよ」と言ってくれました。

お酒のおつまみに、造り立ての焼き豚があったので、食べていただいたところ、その常連のお客様にも同じことを言われました。

焼き豚を作るのは私の役目です。

良いアドバイスをいただいたので、いつでもレストランのことを考えている私は、(そうだそうしよう!) と決め一念発起、今日はまとめて焼き豚造りをしました。

美味しい焼き豚を造るには、手間暇が必要です。

じっくり時間を掛け、ことことと煮込み味を付けました。

そして、お酒や焼酎またはハイボールやワインに日本酒、どれにもおつまみとして合いそうなので、早速シェフの遠藤にメニューの一品に加えるよう指示しました。

お酒を楽しんでいただくためにはどうしたら良いのかを、たえず考え続けている私です。

 

 

2017.03.18 Saturday

[レストランありす] の営業時間を変更します

これからどんどん暖かくなり、仕事の終了後外でいっぱい飲んでくつろぎいと思う季節になります。

そこで [レストランありす] は、お客様に夜くつろいでいただく時間をより長くするために、4月より営業時間を変更いたします。

 

新しい営業時間は

昼の部  午前11時〜午後2時30分

夜の部  午後5時30分〜午後10時

 

これまでは夜お出でいただいたお客様たちの、話に花が咲いたところで閉店時間となり、さぞご迷惑をおかけしていたことでしょう。

「あと1時間遅くまで店が開いていた方が客は来やすいよ」と、お客様にアドバイスいただき、スタッフと話し合った結果全員の同意が得られたので、4月から上記のように営業時間を変更致します。

最近はアルコール類を増やし、つまみも工夫していますので、お酒の好きな皆様に気軽にお出でいただければと思っています。

滝上町の人たちが求めていることを、直接私にアドバイスしてくださる方や、支援してくださる方たちがいて、気が付かないことを教えていただけるのは、経営者としてとても有り難いことです。

ご期待に添うことはこれからも適宜取り入れ、どなたにも入りやすい店を心掛けていきます。

 

2017.03.17 Friday

雑誌社から取材の申し入れがありました

月刊雑誌 [スロウ] からお電話をいただき、レストランありすと私の取材をしたいとの申し入れがありました。

スロウな生活をおくる者の間では、よく知られた雑誌です。

私はこれまで(株)りんねしゃの一員として、人に優しい物を求め、開発に加わり、それを実践しここまできました。

(株)りんねしゃの一員として納得がいく食品・食材そして身体に優しい雑貨類などを広く伝える努力をしてきました。

その行きついた先は [レストランありす] です。

今までこういう類いの店がなかった滝上町で、いかに町民に理解され受け入れられるかを考え、私は味付けに配慮したレストラン経営に取り組んでいます。

レストランありすが、滝上町産または道内産の食材を使い、無添加調味料で味付けしたメニューは、これも滝上町に伝える一つの文化として私は捉えています。

どんな取材をを受け、こちらに対してどんな感触を持っていただくかは、取材先の感性にお任せし、私は淡々と取材をお受けしたいと思っています。

 

 

2017.03.16 Thursday

各地は春を迎える準備

今日は一日中車で走り続けました。

まず比布の生産者を訪問し、まだ少しだけ預けてあった契約栽培のお米を受け取りました。

レストランありすのご飯は美味しいと人気があるのは、良いお米の生産者に恵まれているからです。

次に多寄市に移動し、小麦の生産者村中さんを訪問しました。

いつも通り小麦粉[春よ恋]25堝りを5袋受け取りました。

これは愛知県の(株)りんねしゃへ送り、立込店の工房でパンを焼くためです。

村中さんにはお会いできましたが奥様はお留守で、久し振りにお目にかかりたかったのですが、こちらの急な訪問なので仕方がないことでした。

その後そのまま紋別市まで走り、市民会館へ太極拳教室の暖房費を支払いに行きました。

途中多寄市で、自家栽培で蕎麦を育てその蕎麦粉を自身が手打ちをしているお店で、盛り蕎麦を食べました。

とても美味しくて紋別市の亡くなられたご主人が手打ちする[にの字]の蕎麦を思い出しました。

9時に家を出て帰ったのは夕方5時半でした。

昨日とは打って変わり雪が降り続く中を、どの市も町も村も徹底した除雪作業を行っていて、つい先日までは道端にうず高く積まれていた雪の山は、どこにも見られませんでした。

あちらこちらの広い畑は、何か薄いピンク色をしたものが一面に撒かれ、何かしらの雪を融かすものかもしれません。

広い車道はどの市町村を通っても、同じ作業をしているということは、来る春に備えてのことだと思いました。

その他ハウスのトンネルの中は、ショベルカーが雪をすくって外に運んでいる様は、こちらも春が来たら苗を植えたり、種を蒔く準備かと思われました。

こうした地道な努力があり、私たちは車は気持ちよく走れるし、野菜を口にすることが出来るのです。

いろいろな職業の人たちが、まもなくやってくる春を、それぞれの立場で待っているようでした。

 

BLOG
ONLINESHOP
Facebook
Twitter
Selected Entries
Categories
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
Archives
Recent Comment
Links
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Sponsored Links
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM