2020.09.30 Wednesday

滝上産天然の松茸・・良い香りです

しいたけ

 

        滝上産天然の松茸

 

 豊潤な香りを放ち、部屋中を良い香りで満たしている滝上産の松茸です。

 懇意にしている方が、今朝山に行ってきたと採れたての松茸を、こんなにたくさん届けてくれました。

 香りを嗅いだだけで私は幸せいっぱいです。

 大きい松茸の笠はメジャーで測ったら、何と20センチもありました。

 本州で国産松茸はとても高額で、小さいものでも一本千円では買えません。

 それを考えると有難すぎて私は自分だけでパクパク食べるのは勿体なく、近いうち大量のお弁当の注文が入っているので、それまで上手に保管して松茸ご飯をつくり、皆さんで美味しさを分かち合いたいと思っています。

 滝上町はこうして自然の松茸や多種のキノコが採れ、先日はこれも懇意にしている別の人が、山で採ったばかりの大きなポルチーニを5本も持ってきてくれました。

 私はそれを保存するために、スライスして天日で乾燥させました。

 私は家に居るだけでこうしていろいろな方から、気にとめていただき嬉しい自然の恩恵を受けています。

 

 

 

 

2020.09.29 Tuesday

[ゲストハウス] で国際交流

 滝上町で [ ゲストハウス 人と地域をつなぐ ] の勉強会の案内が、新聞の折り込み広告に入っていました。

 私も参加したかったのですが、都合が悪く行けませんでした。

 ゲストハウスとは初対面の宿泊者同士や宿のスタッフ、地域住民らとの交流を重視した教養空間のある宿の事と、勉強会の主催者は新聞に書いてありました。

 

 蠅蠅鵑佑靴磴35年ほど前、りんねしゃの近くに一軒家を買いそこを [ゲストハウス] と名付けました。

 りんねしゃへは、その当時海外からの来客が多く、近くに宿泊施設がなかったりあっても宿泊代が必要なので、宿泊代は取らずゲストには無料で泊っていただきました。

 ゲストハウスにどんな人たちが来られたかというと、娘が短期留学していたニュージーランドから来た先生は、りんねしゃ初代の英会話教師になりました。

 りんねしゃ英会話スクールと提携しているオーストラリアの英語学校の校長先生は、りんねしゃから定期的に生徒をオーストラリアへ留学させていたため受け入れ学校として視察に来ました。

 ゲストハウスに数日泊りゲストハウスからりんねしゃへ来て、実際の授業を参観しその時のアメリカ人教師とも仲良くなり、そこで日本の生徒・オーストラリアの英語学校の校長・その時教えていたアメリカ人の教師が一緒に心の交流ができました。

 ベルリンの壁が崩壊した数年後、私たちは日独平和フォーラムに入っていた関係で、東ドイツ領の西ベルリンから8名来られゲストハウスに数日泊まりました。

 その間も何人も何組ものゲストをお迎えし、私も中に入れていただき楽しい思いをたくさんしました。

 りんねしゃのゲストハウスは、小さな国際交流の場でした。

 今でこそ若い人は普通に国際結婚が当たり前になりましたが、若い頃私は夢だった外国人と結婚したい、その国の風習にふれたいとの願望は叶いませんでしたが、しかしこういう形でいろいろな国の人たちと交流できたのは、愛知のりんねしゃに居た頃の私にとって忘れられない思い出として心の中にしっかり残っています。

 

 10年ほどして受け入れるこちら側の仕事が広がり、ゲストをお招きするより私たちが生産者を訪問することが多くなり、ゲストにおいでいただいてもじっくりお相手することが難しくなったり、また交通機関がどんどん発達し、ゲストの方が次の予定地迄いくのが便利になったりで、ゲストハウスはだんだん使わなくなりました。

 

 だから私の中ではゲストハウスという言葉を聞くと、外国のひとが泊る家という認識ですが、今度皆さんが考えているゲストハウスは普段出会えない人との関わり、多彩な人の集まるのが特徴と書いてあり、それを仕事にするという発想はとても面白いと思います。

 是非頑張って成功させてほしいです。

 

 

 

 

 

2020.09.28 Monday

半年ぶりの [滝上町まちづくり審議会]

 今期に入って初めての [滝上町まちづくり審議会] が、今夜役場で開催されました。

 4月から今年度になりますが、新型コロナの影響で審議会はこれまで開かれませんでした。

 私は6月から滝上町の公共施設が3蜜を避けることを条件に借りられることになったので、まちづくり審議会も開催されることと思い、それまでは第3月曜日に開かれていたので、いつ通知が来てもいいように毎月仕事のスケジュールをその日は空けていました。

 しかし推進課からは何も連絡がないまま月日が経ち、今夜6ヶ月ぶりに第一回目の審議会がありました。

 私は何故6ヶ月間空白だったのか、その説明を推進課に求めました。

 その説明は省きますが、町長の諮問機関である審議会は、例えばコロナにしても町民の側の私たち審議委員と、町側との話し合いの場で理解できる問題もあるので、半年間開催しなかった理由を知りたかったのです。

 私はこれから冬になりコロナの他にインフルエンザなどの感染症に罹ったときの、町側の体制についても質問しました。

 他の審議委員からは、他の町でコロナの感染者に対して周りの人たちが誹謗中傷やいじめをしたとの例をあげ、滝上町で感染者が出る前にコロナウイルスが悪いのであって、コロナに感染した人が悪いのではないと、町民に文章だけではなく町長が直に生の声で説明する機会を持った方が良いとの意見が出ました。

 

 それから住居表示変更について、町長は変更したいということを町中の人が知っていると聞きました。

 先日町議会で議員が一般質問をし、町長がそれに答え住居表示を変更したいとの答弁をしました。

 私は議会を傍聴しているので、町長の考えていることが分かりましたが、議会の傍聴に行っていない人たちにも知れ渡っていると聞き、私はちょっとびっくりしました。

 審議委員全員は、まちづくり審議会として住居表示変更をしないとの結論を出したにもかかわらず、町長が変更するのなら審議会が存在する意味がないと口々に言いました。

 住居表示変更に反対の署名を集めたらどうかとの意見も出ました。

 これも全員の意見ですが、財政難のときに数千万〜飢円ちかくのお金を払ってまで、住居表示を変更する意味がない、ましてや個々の町民は個人負担で登記を変えるのにかなり高額のお金がかかり、それまでして変える必要はないと再度結論を出しました。

 

 まちづくり審議会を進行する議長がとても優れていると私は思います。

 皆の意見を聞き、ご自身もはっきり議長としての発言をし、議長は町側に審議した内容を要求として出します。

 普通はそれぞれ意見がありなかなか議事進行は難しいのですが、今回これほど審議委員の意見がまとまっているのは、誰もが町民の側に立って考えていて、欲得で動いていないからだと思います。

 

 

 

 

 

 

2020.09.27 Sunday

テレビで大相撲観戦

 大相撲の今日は千秋楽で、私はテレビで観ました。

 今場所は時々時間のある日は相撲を観ましたが、どの力士いつもの場所より良い顔をしている感じを受けました。

 全ての力士がしっかりと真っ向勝負している姿がりりしく、観ていて爽やかさを感じました。

 いつもの場所は大物力士が、相手の頬をひっぱたいたりあごを肘でかちあげたり、それも相撲の一手かもしれませんが、どんな勝ち方をしてもひとつ勝のは大切かもしれませんが、私は大物力士だからこそ堂々と勝負して勝ってほしいと、そういう勝負は観ていて不愉快でした。

 今場所はその大物力士が休場で、その分下の力士の健闘が目立ち、しかも正攻法で挑む力士ばかりで、そういうときの相撲は観ていて面白いし観る甲斐があります。

 今回は新入幕の力士も大活躍で、皆しっかり相手に真っ向から挑み、とても気持ちよく観ていられました。

 どの世界も同じで、違反ではないなら何をしてもいいのか、良心の呵責を感じないのか・・・と問いたくなりますが、今場所はそれがなく気持ちよく観られました。

 心の中で応援している力士ではなくても、精一杯戦っての結果は誰が優勝しても褒めたたえるべきだと私は思いました。

 

2020.09.26 Saturday

北海道を核のゴミ捨て場にしないことを強く求める署名

 「北海道を核のゴミ捨て場にしないことを強く求める署名」用紙が届きました。

 私もこの署名は大賛成で、さっそく記名しました。

 北海道は [核のゴミは受け入れがたい] という条例があり、鈴木知事は寿都町に対してはっきり反対の意思表示をしています。

 鈴木知事は東京へも出向き、政府に対しても反対の意思を表明しました。

 寿都町の町長はこんなに町民が反対するとは思っていなかったそうで、しかし11基ある風力発電を売電しているが、3年後には買取価格が半値になるし、将来洋上風力発電を設置する資金を得るためにも、高レベル放射性廃棄物の最終処分場選定第一段階の [文献調査] だけを受け入れる考えだそうです。

 一度文献調査を引き受けたなら、20億円貰ってはい終わりという訳にはいかないことくらい、考えたら分かりそうなものです。

 財源確保のためには何をやってもいいのかと、町民たちは詰め寄っていましたが、町長は自分は正しい判断をしているという姿勢は崩していません。

 寿都町の周囲の市町村長たちも寿都町の [文献調査] に反対しています。

 

 そこへ新たに神恵内村の商工会が  [文献調査] を受け入れたいと申し出がありました。

 寿都町・神恵内村とその周辺の市町村民が反対するだけでは、到底収拾がつかないと判断したためか、署名を集め道民皆でこれを阻止しようとなったようです。

 心ある方に一人でも多く署名していただいて、この住みやすい北海道を、全道民で守っていきたいと思います。

 レストランありすに署名用紙を置きますので、どうぞよろしくお願いします。

 

2020.09.25 Friday

赤丸薄荷焼酎 [錦仙峡] がふるさと納税返礼品に

 

      ふるさと納税返礼品に選ばれた赤丸薄荷焼酎 [錦仙峡]

 

 りんねしゃの赤丸薄荷焼酎 [錦仙峡] が、滝上町ふるさと納税返礼品に加えていただくことになりました。

 すっきりした飲み心地は、選んでいただいた方にきっと満足していただけることと思います。

 赤丸薄荷焼酎は使用しているものは水を含めて全てが滝上町産です。

 

 除虫菊で作った菊花せんこう類、その他赤丸薄荷オイルや赤丸薄荷を入れた歯磨き・くすの木せんこうなどの薄荷製品は、すでに返礼品として、要望のあった方に送らせていただいています。

 菊花せんこう類は、主原料となる除虫菊は二区の農場で栽培していますが、燃焼剤として加えている白樺木粉は残念ながら滝上では手に入らないので、オホーツクエリアの白樺を購入し粉末に加工して入れています。

 今年は菊花せんこうを気に入った会社が、プライベート製品として作ってほしいとの要望が数社あり、名前は違いますが内容は菊花せんこうという製品が出回っています。

 どんな形にしろ安心して使える線香が、世の中に増えるのは良いことです。

 

2020.09.24 Thursday

あんなに体を振動させていいの?

 私は血圧の関係で3ヶ月に一度通院していますが、いつもお医者さんに「血圧を下げたかったら体重を3キロ落としなさい」といわれています。

 医師は簡単にいいますが3キロ落とすのは大変で、私はなかなか実行できません。

 テレビを観ているとCMが電動マシーンを使って、1ヶ月に10キロ以上痩せるなどと宣伝しています。

 数人の女性がウエスト・お腹・太ももなどにベルトを巻き付け、電動マシーンが小刻みに肌を揺らしています。

 テレビ画面の中で、出演者は笑顔で体重が10キロ減ったとか13キロ減ったとはしゃでいます。

 

 森で木を切る職業の人が、チェンソーなど電動ノコギリで木を伐り続けていると、血管運動神経の働きが振動によって狂い血液障害が起こるそうです。

 そのため手指や腕のしびれと、皮膚がろうそくのように白くなり感覚が鈍くなり、それを白蝋病というそうです。

 

 私はその電動マシーンのCMを観る度に、実践している人の脂肪は散らばり、刺激することで体重は落ちていくでしょうが、毛細血管がズタズタに切れるのではないかと、その行く末を案じてしまいます。

 全くの素人考えなので、電動マシーンが医学的に安全を保障されているのなら問題外ですが、私はCMを観る度に白蝋病の病名が頭をよぎります。

 ダイエットを求める人たちの心をくすぐるCMなのでしょうが、私は日にちをかけて付いた体の脂肪は急激に落とすのではなく、日にちをかけて落としていく方が無難なのではないかと思います。

2020.09.23 Wednesday

からくり木工が凄い

からくり-2

         森の合唱団

 

からくり

           東京五輪

 

 ホテル渓谷ロビーで開催されている[からくりクラフト展]を見に行きました。

 元滝上町副町長だった近藤信一さんお手製の、からくり木工の数々が展示されています。

 ここに載せたのはほんの一部で、たくさんのからくりおもちゃを見ることが出来ます。

 本当にヒトの手で作られたのかと思うほど、緻密で繊細な数々のからくり木工を見ていると、違う世界に引きずり込まれるような錯覚を起こします。

 私は怖いものを触るように恐る恐るハンドルを回してみると、仕掛けが少しずつ動き、合唱団のピアノが私の空想の中で音を奏で、団員たちの体が動きアルトからソプラノまでの合唱が聞こえてくるようです。

 五輪のマラソン選手たちはそれぞれが微妙な動きをし、思わずひとりずつの動きを眼で追ってしまいます。

 キツネの群れが駆けだしたり、あわて床屋がウサギの耳を切り落とすなど、ハンドルを回すたびに幼心が呼び覚まされ、私はひとつひとつ全てのハンドルを回し、しばし浮世を忘れ楽しみました。

 どうしてこんなに細かいことをやれるんだろうと、私は作者が私と同じ人間だとは思えないほど感激しました。

 展覧会に出展して賞をとったもの、例えば森の合唱団だったり、その他のからくり木工も充分見る価値があると思います。

 皆さんがホテル渓谷に足を運び、過ぎ去った無心で幼なかった時代を思い出し、いっときだけでも今の煩わしい不安定な世の中を払拭してほしいと思います。

 

 

 

 

 

2020.09.22 Tuesday

赤丸薄荷のどぶろくが美味しい

にごり酒

 

       赤丸薄荷のどぶろく

 

 最近滝上二区の農場で栽培している在来の和種薄荷 [赤丸] がいろいろなところで注目されていますが、その [赤丸] が (どぶろく) になって新登場です。

 赤丸薄荷は育てるとき農薬・化学肥料を使っていないこともあり、他の薄荷に類をみないほど豊潤な香りを放ち、えぐみがないのでお酒やお茶に加工するとき、その香りを生かしながらも商品の邪魔をすることがなくうまくとけ込みます。

 

 東京都世田谷区の [WAKAZE三軒茶屋醸造所] さんが赤丸薄荷がお気に召し、是非この赤丸薄荷でどぶろくを造りたいとの申し出がありました。

 りんねしゃの薄荷焼酎[錦仙峡] に生葉を使ったのと同じように、このどぶろくは白麹と赤丸薄荷の生葉を生かし苦労し苦心しやっと出来上がったそうです。

 タグにNo.054と書いてありますが、何度も試行錯誤を繰り返し赤丸薄荷の特徴が出るように努力して仕上げたレシピのナンバーです。 

 私も早速飲んでみようと、沈殿した内容を均一にするため上下に振って攪拌しフタを開けたところ、泡が吹き出てこぼれました。

 勿体ないので私は急いで飲んでみました。

 アルコールに弱い私ですがこのどぶろくは程よい甘さで口当たりがよく、お酒にこんな表現はふさわしくないかもしれませんが、何かとてもクリーミーです。

 飲んでみた感想は、どちらかというと女性向きのような気がします。

 酔うための度数の強い焼酎も必要かもしれませんが、度数10度と感じないほど淡いまろやかな赤丸薄荷のどぶろくで、ゆったりしたひと時を過ごすのもなかなか良いものでしょう。

 

 愛知のりんねしゃでネット販売していますが、北海道では滝上町のレストランありすでも販売していますので、お近くの方はどうぞありすにお出でください。

 

 

 

 

2020.09.21 Monday

庭にリスが・・・・・・!!

りす

 

りす3

 

りす5

 

りす6

 

りす7

 

 外出から戻り車を止めると目の前にリスが。

 私が側にいるのが気にならないのか、ひと時も休まず行ったり来たりを繰り返してます。

 家の庭にはクルミの木があり木で熟した実が落ちているし、ドングリもたくさん落ちているし、おんこの実も完熟しているし、りんごも葡萄も生っているので、ここへ来れば食べ物は豊富にあります。

 時々リスが来ますが私を見るといつもはすぐ逃げてしまうのに、今日のりすは素知らぬ顔で行ったり来たりを繰り返し、スマホで連続写しましたがちゃんと撮れました。

 このリスはもしかしたらリスの中でも美形で、あえて行ったり来たりしながら、意識して被写体になっているのかもしれません。

 この動き・この姿・この可愛さに私は見とれ、しばしリスと同じ世界を共有しました。

 

 

 

 

 

 

BLOG
ONLINESHOP
Facebook
Twitter
Selected Entries
Categories
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Archives
Recent Comment
Links
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Sponsored Links
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM