<< 太極拳いい具合に進行中 | main | 害は少なくても害は害 >>
2017.04.17 Monday

レストランありすのお弁当は契約栽培米を使います

今週の土・日曜日、滝上町商工会からの依頼で、レストランありすは昨年に引き続き、近隣から滝上町に一堂に会するスポーツ少年団の、お弁当作りの一部を引き受けました。

あいにく私は明日から愛知県の(株)りんねしゃ本社へ出張しますが、スタッフ4人がそのお弁当作りを快く引き受けてくれました。

持つべきものは気心の知れた良きスタッフで、何か事があると全員が自分の仕事としてとらえ、それが私にはとても心強く感じます。

作るうえには美味しいお弁当をと、私は今日仕入れられる食材を買いに行きました。

二日間とも早朝にレストランに集合し、誰が何を担当するのかを、密に連絡を取り合いながら進めていきます。

お弁当といえば、美味しいおにぎりは子供たちのお腹を満たす重要な主食です。

レストランありすのおにぎりは、毎日お店でお客様にお出ししているご飯と同じ、契約栽培米で作ります。

混米してある何処の誰が栽培したのか判らないお米ではなく、生産者がはっきりした(ななつぼし)という品種のお米です。

「うまい!」と子供さんたちに食べていただけるようなお弁当にするため、スタッフは全員で張り切ってくれることでしょう。

滝上町商工会から、こうして声をかけていただけることは、滝上町民として私はとても嬉しく感じます。

当日お弁当作りをしてくれる4人のスタッフに、私が唯一命令らしきものをしたことは、お弁当をご注文プラス4個作り、子供さんたちが食べる時間に合わせ、スタッフそれぞれが同じようにお弁当を食べるという事です。

それは作る者の責任として、味は良かったのか、お菜はちゃんとできているのか、ご飯の炊き具合はおにぎりにしたときちょうど良かったのか等々を話し合ってもらい、また来年に繋がるようにしてほしいからです。

ただお弁当を余分に作って食べるのではなく、それも仕事として捉えてもらうためです。

 

 

2017.11.24 Friday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
BLOG
ONLINESHOP
Facebook
Twitter
Selected Entries
Categories
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Archives
Recent Comment
Links
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Sponsored Links
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM