<< 頭痛と倦怠感を脱皮しなければ・・・! | main | 歩き疲れた! >>
2017.11.29 Wednesday

指導という暴力はない

今日の報道番組も新聞の夕刊も、相撲界の暴力問題で持ちきりです。

日馬富士と親方の引退会見を、一部始終テレビで観ましたが、最初のお詫びの頭の下げ方が、下を向いてゆっくり20数えてから頭を上げる、と打ち合わせをしていたかのようでした。

日馬富士はどんな質問にも、貴の岩に怪我をさせたことで、親方とおかみさんと、国民と相撲の関係者とファンに申し訳ないを繰り返すことに終始していました。

一番に謝まるべき人の名前はそこに出てきませんでした。

この事件に関して焦点が違うところで、いいとか悪いとか外野が騒がしいのもおかしな話です。

殴ったのがビール瓶ではなくリモコンだという問題ではなく、殴ったという事実が問題です。

貴の岩に礼節と礼儀を教えるのが暴力では、相撲界の礼儀と礼節の真意を疑ってしまいます。

自分は引退してしまえば、それでケリがつくかもしれませんが、体と心に傷を負った貴の岩は立ち直れるでしょうか。

以上は、特別相撲ファンというわけではない私ですが、素直に感じた感想です。

2017.12.10 Sunday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
BLOG
ONLINESHOP
Facebook
Twitter
Selected Entries
Categories
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Archives
Recent Comment
Links
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Sponsored Links
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM