<< 英会話教師と初対面 | main | [ふるさと納税] の代わりに >>
2018.01.25 Thursday

北海道も愛知も変わらない

愛知は昨日昼頃から雪になり、寒さはかつて経験したことが無いほどでした。

ニュースは、あちらこちらで雪のために起こった事故を、どの局も報道しています。

無理もない事、本州では何十年振りかの大雪なのですから。

大型トラックがスリップして横になって道路を塞いでしまったため車が通行できなくなり、大人が10人ほどでトラックを手で押している様子や、雪と強風に飛ばされそうになりながら、アナウンサーが必死になって道行く人誰もかれもがとまどっている様子を伝えています。

そんな足首がスッポリ隠れるほどの雪の中、英会話の生徒さんたちは、昨夜もけなげに通ってきました。

小学六年生のK君は、教師のペドロが帰るとき寒かろうと、彼のために使い捨てカイロを持ってきてくれるという美談のおまけがありました。

今朝K君のお母さんからお電話をいただき、教師が無事一宮まで帰れたかどうかの問い合わせでした。

先生にどうしてもカイロを持って行くんだと、K君が言ったと、お母さんは笑いながら私に話してくれました。

それだけで教師と生徒の信頼関係が、私にはみてとれました。

雪を媒体として、先生と生徒の繋がりがより一層深められたとしたら、今回の雪はりんねしゃ英会話スクールにとっては恵みの雪と捉えてもいいかもしれません。

英会話の担当が私から別の社員に変わりましたが、こうして未だに私にコンタクトをとってくれる人たちを、私は無下に断らず応対しています。

今朝凍りついていた地面の雪が今はすっかり融け、津島市はまた元通りの日常に戻りつつあります。

 

 

 

2018.02.06 Tuesday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
BLOG
ONLINESHOP
Facebook
Twitter
Selected Entries
Categories
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
Archives
Recent Comment
Links
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Sponsored Links
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM