<< 変身を目の当たりに | main | 気の合う仲間と >>
2018.02.03 Saturday

太極拳生徒さんから教わること

今日は紋別市の太極拳練習日でした。

生徒のKさんは80歳とは、とても思えない肌の色艶がよく、頭の回転もとても速いし、いつも飾らず率直な言葉のやりとり、そして何より太極拳に取り組む姿勢が素晴らしい方です。

途中休憩の時ときどき生徒さんに一言ずつお話を聞きますが、Kさんは「教えていただいた通り重心をかかとに載せ左右に体重を移動させたり、スワイショウを家でも練習しています。以前は座骨神経痛で苦しみ、台所に立っていても2-3分すると痛くて座りこんでいたけど、今はそれがないんです。ずっと立っていられる。ただし重心をかかとにしっかり載せていなければ駄目です」と言われました。

人一倍熱心で、出来ない動作をどん欲に出来るまで繰り返し、それが出来たときの満足そうな様子は私にもはっきり伝わります。

同じ年を取るのでも、こういうとり方は皆のお手本になり、私にもいい刺激となつて私自身が稽古日の度に学ばせていただいています。

Kさんはおひとり暮らしですが、お花の稽古・踊りの稽古などいろいろなことに取り組んでいるようです。

しかしKさんは「いままでいろいろやった中で私は太極拳が一番体に合っています。こんなに効果があることを身をもって知りました。あと10年早く太極拳に出会いたかった」といわれました。

でも大丈夫、溌溂としたKさんの80歳は、見た目が若々しく物事に対する積極性は年齢などどこ吹く風です。

人間は年齢ではない、生き方だと感じさせてくれるKさんです。

 

2018.05.22 Tuesday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
BLOG
ONLINESHOP
Facebook
Twitter
Selected Entries
Categories
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
Archives
Recent Comment
Links
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Sponsored Links
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM