<< 軒先に下がったつらら | main | 私の社会復帰初日は議会傍聴 >>
2018.03.08 Thursday

気がかりをひとつひとつ消していく

 脳動脈瘤が発見されたとき少し高めだった血圧ですが、今日はそれの対処を聞きに以前も相談に行った紋別広域病院へ行きました。

 私は毎日朝晩血圧を測りグラフにしていたものを持って行きました。

 先生に血圧手帳を見せたところ「これは大丈夫薬を飲む必要はありません。冬でこの数値なら夏はもっと下がりますよ。脳動脈瘤の手術もしたことだし。医者は薬を出せば儲かるので、薬を出したがる医者もいますが、この数値だったら私は飲む必要がないと思いますよ」とのことで、どうせ降圧剤を飲まなきゃいけないと言われたって、私はすぐ飲むのを忘れるだろうし、その結論は嬉しく思いました。

 「それより以前に撮った写真で第5腰椎分離症がちょっと疑われるので、今日時間があれば整形外科に行ったらどうでしょう」

 「はいお願いします」と私。

 「ではこちらから連絡しますから今から整形外科へ行ってください」とのことで、私はその足で整形外科へ行きました。

 12じ半を過ぎているのに、整形外科の先生は診てくれました。

 私は先日の日曜日太極拳を頑張りすぎて膝が痛く、毎日湿布を貼っていましたのでそれも伝え一緒に診ていただきました。

 腰のレントゲンをあらゆる角度から撮り、次に右ひざも何枚もレントゲンを撮り、そのまま整形外科に戻り結果を聞きました。

 「うん大丈夫です腰椎は何ともありません。膝も水は溜まっていないし湿布だけでいいでしょう。では湿布を出しておきます」

 「ありがとうございました」と私はお礼を言い、全ての心配が杞憂に終わりました。

 広域病院のいいところは総合病院なので、その日にどんな科でも診ていただけるし、患者がうろうろしなくても該当する科の前で座っていれば内部で迅速に連絡を取り合い対応してくれることです。

 それにしても5日間で買った湿布代はかなりの額になりましたが、薬局でいただく湿布代の安かったこと。

 健康保険料を納めているから当然かもしれませんが、何十倍も高い市販の湿布薬と比較して、安価の有り難さも感じた日でした。

 

2018.12.11 Tuesday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
BLOG
ONLINESHOP
Facebook
Twitter
Selected Entries
Categories
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Archives
Recent Comment
Links
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Sponsored Links
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM