<< 私の社会復帰初日は議会傍聴 | main | 愛犬はなとご対面 >>
2018.03.10 Saturday

アイヌ文化フォーラムに参加

 約20年ほど前、名古屋に[アイヌモシリ舞踊団]が来て、アイヌ民族に興味があった私は、それを観に行きました。

 出演者は子供から大人まで7人ほどが全て家族で、美的でありながらシンプルな舞台装置を背にした、美しいアイヌの踊りを観ることができました。

 そして、10年ほど前阿寒湖へ行ったとき、アイヌの人たちが経営している食堂でご飯を食べました。

 その時アイヌモシリの踊りの話をすると、お店に居た女性が「それは私たちです、私の家族で名古屋へ行きました」とのことで、懐かしく話に花が咲きました。

 その頃アイヌの歴史に興味があった私は、以前も書きましたが船戸与一さんの著書 [蝦夷地別件] 上・中・下の3部作を読み、益々アイヌの歴史への興味が強くなりました。

 

 そして今日、滝上町文化センターで開かれた[松浦武四郎とアイヌ文化フォーラム]に参加しました。

 初めにアイヌコタン生まれの姉妹を描いた2時間のドキュメンタリー映画を観ました。

 [生きること。歌うこと。] のタイトルそのままの映像は、アイヌとして育ってきて、初めて姉妹でライブに取り組むまでの過程を淡々と描き、とても心地よい映像でした。

 次は三重県の[松浦武四郎記念館]の元館長さんが、松浦武四郎がたどった北海道の軌跡を順番に説明し、特に紋別・渚滑・滝上にまつわる説明がとても興味深く思えました。

 とても良かったのは、単なる松浦武四郎の功績の説明だけではなく、行く先々で関わったアイヌ人の描写や繰り広げられたであろう交流の様に、私はより惹かれました。

 講師の話はいろいろお聞きする機会がありますが、その人の業績・功績が強調され、とても人間くさいところを取り上げられる機会はあまりなく、私はそういう意味で、松浦武四郎の文章から解析していった高瀬先生の今日の講演は、まれにみる興味深いものでした。

 

 

2018.06.23 Saturday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
BLOG
ONLINESHOP
Facebook
Twitter
Selected Entries
Categories
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Archives
Recent Comment
Links
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Sponsored Links
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM