<< アイヌ文化フォーラムに参加 | main | 資料は生かさなければ・・・! >>
2018.03.12 Monday

愛犬はなとご対面

 二月五日私の入院前日から愛犬はなは、社員の山本さんが自宅に預かって面倒を見てくれています。

 退院後すぐ引き取るつもりでしたが、私はまだ足がふらつき、はなを散歩に連れていける状態ではありませんでしたので、引き続き山本さんに預かっていただいています。

 今日はさぞ毛が汚れていることだろうと思い、シャンプーするためにはなを私の家に連れて来てもらいました。

 一か月以上も顔を見ていなかったはなは、すぐ私の膝にすり寄ってきて頭を載せ目を瞑りました。

 私ははなが好きな柘植のブラシで、丁寧に体中をブラッシングすると、気持ちよさそうに寝たままになっていました。

 そして、お風呂場でまずシャワーで丹念に湯洗いをし、それから石鹸シャンプーをまんべんなく体の隅々までつけ、私の十本の指でごしごしと洗いました。

 途中はながへなへなと座り込んだのは、気持ち良かったのでしょう。

 シャワーでシャンプーが残らないよう、何度も全身を洗い流しました。

 そしてリンスで毛を整え、再び丁寧に洗い流しました。

 はなは雑種でも全体の毛が長く、その後のドライヤーを掛ける時間の長かったこと。

 「もう部屋へ行ってもいいよ、はな! 気持ち良かったでしょ」と私は言い、浴室の外のドアを開けると、一目散に私のベッドに駆け上がり、自分の指定席に寝そべり目を閉じました。

 あとははなの自由にさせておきましたが、2時半頃レストランの午前の部が終わった山本さんが、はなを迎えに来てくれた時、はなは家から出て行って、山本さんについてさっさと車に乗り込みました。

 私はそれを見て、はなが大切にされていることが見て取れ、心から嬉しくそして山本さんに感謝の念でいっぱいでした。

 もの言えぬ動物だからこそ、人はその気持ちを分かってあげることが大切です。

 初めは牽制し合っていた山本さんの飼い猫むぎちゃんときびちゃんとも、最近は仲良くなり、同じソファーに寝そべる仲となったのも、私には嬉しい限りです。

 あと少し私が走ってはなを散歩に連れて行けるようになるまで、山本さんにおんぶに抱っこの私です。

 

 

2018.06.23 Saturday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
BLOG
ONLINESHOP
Facebook
Twitter
Selected Entries
Categories
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Archives
Recent Comment
Links
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Sponsored Links
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM