<< 果樹畑にぶどうが仲間入り | main | レストランありす連休を終え・・・! >>
2018.06.12 Tuesday

毎日のように釣り人が

 私は愛犬はなと、毎朝虹の橋を渡り散歩します。

 このところ橋の上から見ると毎日のように釣り人が、釣り糸を垂らしています。

 渚滑川はキャッチ&リリースが定着しているのだろうと思いますが、戦果はなくても釣ることに意義を感じている人はそのエリアで釣りを楽しんでいます。

 また戦果を期待する人は、キャッチ&リリースのエリアを避けて釣りあげることを楽しんでいるようです。

 しかし、最近私はその川に関する残念なことを耳にしました。

 渚滑川やその支流の川は、以前在来魚のイワナ・ヤマメなどがたくさん生息していたそうですが、ニジマスの放流とともに姿を消しつつあるとのこと。

 ニジマスがどこか上流から流れて来て自然に派生したのなら、生き物の世界は食うか食われるかで仕方ないと思いますが、意図的にニジマスを放流し続けるのは川の生態系を狂わせるので、自然界にあってはならないことだと私は思いました。

 必要最小限の放流であれば、魚同士上手く身を隠したり子孫を残したり出来るでしょうが、在来魚を上回るニジマスが川を席巻したら、ヤマメやイワナのような小魚は生きたくても生き延びられない。

 滝上町は釣り人がニジマスを釣り上げる戦果に軍配を上げるのか、ヤマメ・イワナが再び蘇り魚同士が共存共栄できる自然の生態系を歓迎するのか、私はそろそろ選択が迫られている気がします。

 

2018.06.23 Saturday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
BLOG
ONLINESHOP
Facebook
Twitter
Selected Entries
Categories
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Archives
Recent Comment
Links
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Sponsored Links
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM