<< きれいにくりぬかれたクルミの殻が・・・・! | main | 愛知の本社に来ました >>
2018.11.15 Thursday

帯広の紫竹ガーデンを訪問

ー2紫竹

              紫竹ガーデンは自然がいっぱい

 

 

紫竹ー1

ありすの農場から移植した除虫菊が数百株元気に育っています

 

 

紫竹-3

     代表取締役紫竹昭葉さんとの楽しい語らい 

 

 驚きの91歳、紫竹昭葉さんはとても前向きで、話していて本当に楽しくて面白い女性です。

 美味しいハーブティーに喉を潤しながら、次から次に出てくる言葉に、時間が経つのを忘れるほどでした。

 ここ帯広の紫竹ガーデンは、花がいっぱいのところで暮らしたいとの一人の女性が、夢を実現させた広大な花畑です。

 しかも農薬を一切使わず育てている花は、決して鮮やかではありませんが、ふっと気が休まる自然の色です。

 花は今年はもう終わりかけていますが、葉が多い花畑はそれはそれで見応えがあります。

 ガーデンの一角に、りんねしゃの姿勢に共鳴した紫竹昭葉さんが、今年の夏数百株の除虫菊を買ってくれました。

 これはあくまで鑑賞のためで、転売・販売はしないとの約束で買っていただきました。

 紫竹昭葉さんの生き方は、人間の大きさは私とは全然違いますが私の生き方と似ているところがあり、私は紫竹さんの一言一言に共感出来ました。

 何でも110歳まで生きる予定だとかで、私の人生の最終目標も大きく変えますとその場で私は公言してしまいました。

 紫竹さんは可愛らしく女性のお手本のように感じます。

 販売しているイタリア製の帽子が気に入り購入しようと被ってみたところ、とても被り心地が良く、すると「その帽子を選ぶ人は帽子の似合う人ですよ。とても良く似合う」と褒めていただきました。

 どこの帽子屋さんを覗いても、なかなか気に入ったものが見つからなかった私は、いっぺんで気に入ったものが二つみつかりました。

 非凡なもの、誰も被っていないタイプの帽子を探していた私は、もうワクワクです。

 もうひとつ普段に被る帽子と、一度に3つも増えました。

 紫竹さんは100くらい持っているそうです。

 しばし帽子談義に花を咲かせ、話は尽きることなく・・・・・。

 店を経営している娘さんの話しも興味があり、こうして一生懸命頑張っている人たちにお会いし、まだまだ私はもっと頑張らなければと、心の中で思いました。

 単なるガーデンではなく、人生そのものが息づいている場所を訪問できたことは、私にとってこの上ない喜びでした。

 

 

 

2018.12.11 Tuesday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
BLOG
ONLINESHOP
Facebook
Twitter
Selected Entries
Categories
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Archives
Recent Comment
Links
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Sponsored Links
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM