<< これも詐欺? | main | 今年もお節を注文しました >>
2019.11.18 Monday

消費税 8%・10%の煩わしさ

 消費税が8%・10%になって、実質的には値上がりの不満はあるものの、レジで金額を支払うには請求されるままに支払えばいいのでさほど不便ではありません。

 しかし事務仕事をしていくなかで、入金も出金も伝票に一件ずつ8%対象の金額と消費税を、また10%対象の金額と消費税をそれぞれ別に書き込まなければならず、とても面倒な仕事が増えました。

 他所はきちんと消費税が値上がったのに合わせてスライドさせ税率を上げていますが、肝心のレストランありすは10%になった以降も価格設定は以前の内税のままで、税率だけ10%になっていますので納税時2%は利益から削られます。

 例えば500円の物が税率8%のときは540円でしたが、税率10%になっても540円のままでは、定価が500円以下ということになり、これは実質的に値下げということになります。

 2%の増税でも積もればかなりの額になりますが、担当外の私があせっても空回りするだけです。

 個人経営の小さな店も、こういう問題を抱えていたりして、さぞご苦労されていることでしょう。

 何となくスッキリしない税の問題は、これからいつまで続くのでしょうか。

 

 

 

2020.02.20 Thursday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
BLOG
ONLINESHOP
Facebook
Twitter
Selected Entries
Categories
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Archives
Recent Comment
Links
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Sponsored Links
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM