<< 今年もお節を注文しました | main | はなに津島市を案内 >>
2019.11.24 Sunday

蚊の襲撃を受ける

 愛知の蠅蠅鵑佑靴磴僕茲討い泙后

 今回は荷物をたくさん運ぶ関係でフェリーで来たので、愛犬はなも一緒に連れてきました。

 金曜夜から名古屋の高校2年の孫息子が来て、土・日曜日は、久し振りの楽しい時間を過ごしています。

 こちらは気温が高くて暑く何度も部屋の窓を開け網戸にしましたが、そのとき未だ生き残っていたと思われる蚊が何匹も家の中に入ったようです。

 昨夜皆が眠りについた午前2時頃、両手から腕にかけてあまりの痒さに目を覚ましました。

 孫も同時に起きてきて「蚊がブンブンとうるさくて眠れない」とのことでした。

 早速りんねしゃの[菊花の防虫スプレー]を、蚊をめがけて吹き付けると、蚊はパタパタと落ちました。

 壁に止まっている蚊を見つけパチンとはたくと、私のものだと思われる血を吸っていました。

 まだ安心できないので、[菊花せんこう]に火を点けて、しばらく様子を見ていましたが、それ以降蚊の鳴く音がしなくなったので再び寝ました。

 11月も終わりだというのにこんな有様で、孫が「蚊も生き残るために血を吸って必死なんだね」と言いますが「吸われる方はどうもならないよ、見てこの腕の腫れ具合」と何か所もくわれた両腕をポリポリ掻いていると、孫が「おばあちゃん痒くても掻いたら駄目、こうすると痒さは治まるんだよ」と手のひらを広げツボを教えてくれました。

 孫もいろいろな知恵を身につけ、私の不得意な分野を教えてくれるようになりました。

 少しばかりの再会でしたが、孫ははなを可愛がり散歩に連れて行き、べったりと膝に抱え夜も抱っこして寝ますが、がんじがらめになったはなは「助けて」という顔で私を見ます。

 (いいの、いいの、苦しいかもしれないけど可愛がってくれるんだからちょっと辛抱ね)と、私ははなに目で合図を送っています。

 孫と語りながら身内の良さを改めて感じ、今年も年末年始の2週間を滝上で一緒に過ごす孫との日々を待ち遠しく感じる私です。

 

 

2020.02.20 Thursday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
BLOG
ONLINESHOP
Facebook
Twitter
Selected Entries
Categories
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Archives
Recent Comment
Links
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Sponsored Links
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM