<< 清く正しく美しくを望みたい | main | やはり気になる言葉づかい >>
2020.03.21 Saturday

[景気はゆるやかに回復]していない

 今朝の民友新聞を読むと、「緩やかな持ち直しが続く」のトップの見出しです。

 中を読むと昨年10月〜12月期のオホーツク圏内経済情勢の報告と書いてあり、それはそれで納得できました。

 この期間はコロナウイルスが発症する前で、紋別市には観光客が多かったでしょうし、海産物が売れる時期でもありました。

 パッと見出しを見ただけで、あゝ景気はそんなに落ちていないんだと、早とちりをする人がいるかもしれせんが、テレビが伝える今の状況は、北海道中の飲食店や小売店、スーパーそして百貨店など、人足が途絶え口々に経営の厳しさを訴えています。

 私個人をとっても買い物をする機会が減り、冷凍庫・冷蔵庫にストックしてある食材を毎日利用しています。

 いまここで例えば商工会の会合や、町の話し合いの場などがあった場合、上に立つ人の挨拶はいつものように真偽は別として「景気は緩やかに回復しています」の言葉が出るでしょうか・・・出せないでしょうね。

 国民が元の生活を取り戻すまで、いろいろな方が発言しているように、消費税の%を考えるとか一時金を支給するなど、真剣に答えを出してほしいと思います。

 

 

 

 

2020.04.09 Thursday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
BLOG
ONLINESHOP
Facebook
Twitter
Selected Entries
Categories
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
Archives
Recent Comment
Links
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Sponsored Links
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM