<< 可憐な芝ざくら・・・だから閉鎖は淋しい | main | 家にこもっていると体が重い >>
2020.05.18 Monday

検察庁法案見送り

 ネットニュースを見ると今話題の [検察庁法案が見送り] になったとのことです。

 良識をもった国民なら誰もがおかしいと思う法案を強引に通そうとした結果、国民から想定外の批判が出て、それを回避するための見送りだそうです。

 私もこの法案を通したら、これからの法治国家日本にとってマイナスになるのではないかと思っていました。

 最近の内閣のやりかたは、何が何でも為政者に有利になりそうなことは政府決定しようとしたり、筋が通らないことを強引に押し通そうとしますが、国民はそれほど馬鹿ではないことを、今回たくさんの人たちが意思表示したと思います。

 私がこういうことを書くとまた先日のように、「あんたは〇〇党か」「滝上に居るならそんなことではいかんよ」と説教されるでしょう。

 「私はどこの党にも属していません。私は選挙の時は党より人で選びます。よく政策などを見て国民の・町民のことを考えてくれる人にいつも投票しています」と答えました。

 そこまで言われるのは人権蹂躙ですが、その人は決して悪い人ではなくその人なりに滝上町の事を思ってのことでしょう。 

 だから私はその人に反発せず、しかしはっきりと私に対して合っていることと違っていることを伝えました。

 時には長いものに巻かれることも必要かもしれませんが、私は今回の検察庁法案のように、明らかに理に叶っていないと思うことに対しては巻かれるべきではないと判断します。

 

 

2020.06.01 Monday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
BLOG
ONLINESHOP
Facebook
Twitter
Selected Entries
Categories
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
Archives
Recent Comment
Links
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Sponsored Links
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM