<< ガーゼのマスクは防御効果が薄い | main | プルーンの木が倒れた >>
2020.07.17 Friday

愛犬はなと同じ食事

 畑から抜きたての大根をいただきました。

 私は新鮮なうちにと早速千切りにしてニガリ塩まぶし、即席の漬け物を作りました。

 そして鯖を焼き、たっぷりの大根おろしを添えました。

 ご飯は玄米の中に、先月愛知のりんねしゃへ行ったとき買ってきた、宮本農園さんの虹色米を混ぜて炊きました。

 はなのご飯は私と同じ虹色米入りの玄米と、お気に入りの十勝産の大粒大豆の納豆は、何も味をつけずそのまま食べます。

 はなは好みがはっきりしていて、好きではない納豆は食べず横を向きます。

 フェリーに乗ったとき出た小粒の納豆を、はなに食べさせようと持ち帰り、はなの所に持って行きましたが、はなは臭いを嗅いでその納豆を食べませんでした。

 犬特有の鼻で何かを嗅ぎ分けているのかもしれません。

 輸入の農薬たっぷりの小粒大豆は家畜の飼料用として安価で日本に入り、それを納豆などの食品として加工している可能性があると、ある本で読みました。

 私は事実を確かめたわけではないので、その納豆がそうだとは言えませんが、もしかしたら・・と頭の中をその事がよぎりました。

 はなは大根おろしと大根の漬け物は食べませんが、それ以外の焼き鯖と十勝産大粒の納豆、そして虹色米入りの玄米ご飯は私と同じ食事です。

 私とはなとの違いは、私は玄米ご飯と一緒に自分で漬けた梅干しをひとつ食べることです。

 私は手の込んだしゃれた食べ物は、料理屋さんで食べるのが一番だと思いますので、家での食事はいつもとてもシンプルで、そういう食事が口に合っています。

 

 

2020.09.30 Wednesday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
BLOG
ONLINESHOP
Facebook
Twitter
Selected Entries
Categories
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
Archives
Recent Comment
Links
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Sponsored Links
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM