<< 全員のPCR検査を希望 | main | 今日は私も仕事はお休み >>
2020.07.22 Wednesday

寄付金

 毎年決まった時期に、数か所から寄付や募金の案内が届きます。

 最近もあるところに会費として支払いましたが、そのお金が活かされるなら私は歓迎しますが、強制的に集金したお金を集金者たちの飲食費に充てられる率が高いと判ったとき、何故か釈然としませんでした。

 別の寄付は、それに関わる人の人件費に大半が充てられることも、私は何だか納得しかねます。

 その他また最近別の寄付の案内が届きました。

 寄付をしなければならない雰囲気で、私は消極的ですがそれも毎年寄付をしています。

 町民の人たちから「滝上町はいろいろな寄付が多いので困る」と直接聞きますが、誰も面と向かってそれを言いません。

 ただ町民の寄付で成り立っている組織もあり、寄付をしないとその組織は困ることも私は知っています。

 

 私は後期高齢者になって初めて分かりましたが、後期高齢者医療保険が高額で、その他介護保険料も年金から差し引かれます。

 高齢者は年金など収入が限られているので、皆さんさぞ大変な思いをしていることと思います。

 寄付金は金額は自由といいながら、暗黙の了解で一律金額は決まっています。

 こういうことを口に出すと、それだけで何か言われるのではないかと寄付金を出しながら、陰では快く思っていない人もいます。

 これは毎年続くので何処まで行ってもしこりが残り、かつて私が暮らしていた市は、寄付をしたい人はどうぞという感じで、集金にも来ませんでしたし案内も届きませんでした。

 それは市民に代わってそれぞれの団体に、市が対応しているからだと思いますが市が裕福だからでしょうか。

 何度も繰り返しますが、集金したお金は使途を公表しその内容を町民が認めれば、町民は誰も気持ちよく寄付に応じると思います。

 

 

 

2020.08.14 Friday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
BLOG
ONLINESHOP
Facebook
Twitter
Selected Entries
Categories
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Archives
Recent Comment
Links
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Sponsored Links
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM