<< アベノマスク8000万枚・・・!!! | main | 髪形が納得いかないなら自分で切るしかない >>
2020.07.29 Wednesday

愛犬はな・・・白内障の兆候

 愛犬はなの可愛い瞳が最近少し白っぽくなっています。

 動物病院で診ていただいたところ、白内障になりかかっているそうです。

 「白内障がもっと進んだ時、先生の所で手術はできますか?」とお聞きしたところ、「北海道では北大しか手術できるところはありません」とのことでした。

 

 私はかつて獣医だった義兄と共に浜松市に住んでいる姉に電話をして、犬の白内障について聞いてみたところ、犬は年を取ると人間と同じで白内障になる確率が高い、しかし犬はカンで動くことができるから、あまり心配しないでも大丈夫だと言われました。

 姉は義兄と結婚したばかりのころから、義兄の病院で犬や猫の診療の手伝いをしていました。

 手術の助手をしたり、そのころは使い捨てではなかった注射器を、洗ってから煮沸して使っていたので、姉がそれをしていました。

 また薬を包装したりと病院で働いていたので、何か情報があればと電話をしました。

 

 私は動物病院で症状の進行を遅らせるという目薬をいただいて、はなの眼に一日に三度さしています。

 私が家に居るときは、はなは私の行く先々についてきて、お風呂に入っているときもトイレに入っているときも覗きに来て、私が居ることを眼で確認します。

 だから私は買い物に行く時、時々ははなを車に乗せて出かけます。

 やむを得ず留守番をさせて家に戻ると、はなはドアの前で必ず待っていて、私の顔を見ると自分の敷物のある場所へ戻っていきます。

 もし将来はなの眼が見えなくなったらと想像するだけで私は胸がズキンとしますが、私ははなに忘れず毎日目薬をさして、なるべく永い期間私の顔を見ていてほしいと思っています。

 

 

2020.08.14 Friday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
BLOG
ONLINESHOP
Facebook
Twitter
Selected Entries
Categories
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Archives
Recent Comment
Links
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Sponsored Links
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM