<< 台風が逸れたのは良かったのですが・・・!!! | main | 意味を取り違えてる!!!!! >>
2020.08.13 Thursday

土壁でできた家は貴重

 私は寒さより暑さの方が苦手です。

 愛知県に住んでいた頃毎年夏になると極端な蒸し暑さと、噴き出す汗に体力を奪われ毎日が苦痛でした。

 北海道滝上町に移住してからは、真夏の暑い日でもベタベタとした湿度が少ないので、とても住みやすい日々です。

 しかし昨日のように気温が高い日は私はやはり苦手で、一日中エアコンをつけていて、日中はなるべく外へ出ないようにしています。

 私の家が住みやすいのは、今の時代には珍しく家の建物の外壁は土壁で覆われていることです。

 今の住宅は新建材を使って建てるのでそれの良さはあると思いますが、通気性のある土壁は家そのものが呼吸しているようで、肌を通す空気が何となく有機的な感じがして優しく、土壁で施された家は今ではとても貴重だと思います。

 時代は変化し無駄なもの手が掛かるものはどんどん排除され、現代風の家は無機質な存在になりそれが文化的だと錯覚しそうですが、私は子供の頃から住んでいた家が土と藁を混ぜ込んだ土壁の家でした。

 結婚して6年目に新築した家もそれまで住んでいた家と同じ材質を使って建てたので、親子4人と義父母の計6人で暮らし、家という建物そのものが良い思い出として残っています。

 どの地方に行っても今は一見スキのないモダンで垢ぬけた家々に変わってきているので、私の家のような土壁を使った古風な建物は、そのうちなくなっていくことでしょう。

 ということを考えると、今私はとても貴重な家に住んでいることになります。

 使いかっての悪いところは修理し、メンテナンスをしっかりしているので、私が生きている限り私の家は保っていけるでしょう・・・この家大切にしなければ。

 

 

 

2020.09.30 Wednesday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
BLOG
ONLINESHOP
Facebook
Twitter
Selected Entries
Categories
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
Archives
Recent Comment
Links
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Sponsored Links
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM