2018.06.13 Wednesday

レストランありす連休を終え・・・!

 レストランありすは4日間の連休を終え、今日から営業を始めます。

 スタッフたちは休日の間心身をリフレッシュして、新たな気持ちで調理にホールにと全力投球してくれるものと思います。

 レストランありすは開店以来2年6か月と歴史こそありませんが、一日一日がこれからの歴史をつくりあげる大切な日々に繋がっていきます。

 皆様の直接の声を聞かせていただいたり、投稿された口コミを読んだり、メールなどで届く様々な声を素直にお聞きし、それらの声をこれからのレストランありすに活かしていきたいと考えています。

 皆様のご来店をスタッフ一同お待ちしています。

 

2018.06.12 Tuesday

毎日のように釣り人が

 私は愛犬はなと、毎朝虹の橋を渡り散歩します。

 このところ橋の上から見ると毎日のように釣り人が、釣り糸を垂らしています。

 渚滑川はキャッチ&リリースが定着しているのだろうと思いますが、戦果はなくても釣ることに意義を感じている人はそのエリアで釣りを楽しんでいます。

 また戦果を期待する人は、キャッチ&リリースのエリアを避けて釣りあげることを楽しんでいるようです。

 しかし、最近私はその川に関する残念なことを耳にしました。

 渚滑川やその支流の川は、以前在来魚のイワナ・ヤマメなどがたくさん生息していたそうですが、ニジマスの放流とともに姿を消しつつあるとのこと。

 ニジマスがどこか上流から流れて来て自然に派生したのなら、生き物の世界は食うか食われるかで仕方ないと思いますが、意図的にニジマスを放流し続けるのは川の生態系を狂わせるので、自然界にあってはならないことだと私は思いました。

 必要最小限の放流であれば、魚同士上手く身を隠したり子孫を残したり出来るでしょうが、在来魚を上回るニジマスが川を席巻したら、ヤマメやイワナのような小魚は生きたくても生き延びられない。

 滝上町は釣り人がニジマスを釣り上げる戦果に軍配を上げるのか、ヤマメ・イワナが再び蘇り魚同士が共存共栄できる自然の生態系を歓迎するのか、私はそろそろ選択が迫られている気がします。

 

2018.06.11 Monday

果樹畑にぶどうが仲間入り

 私の庭の果樹たちは順調に育っています。

 今年は初めてプルーンが小さな実をつけていますが、強風が吹いたとき落下しなければいいのですが。

 グミはいっぱい花を咲かせていますし、カシスはすでに小さな実がぎっしりとなっています。

 さくらんぼ・梨・リンゴ・ラズベリー・こけももなどは、このところ木がしっかりしてきて、このまま大きくなってくれるような予感がします。

 ただし実をつけるのは何年先のことでしょう。

 そして今日、茎のしっかりした種類の違うブドウの苗木を二本植え、庭の果樹たちの仲間入りをしました。

 10株ほどもあるルバーブはどんどん成長していますが、今年は時間がとれずなかなか大好きなルバーブジャムに加工できず、私はあせっていますが仕方がないこと。

 庭に沿ってどんぐりや白樺や名も知らぬ大木が深緑の葉を茂らせているのを目にし、渚滑川の流れる音を耳で聞きながら庭に立っていると、私は都会の喧騒とは縁がない暮らしの贅沢さをひしひしと感じます。

 私には心許せる友人知人がいて、癒される愛犬はながいて、かわいい2羽の鶏がいて、ひっくるめて今がある・・・・私は多忙な仕事を抱えていても、自然の中で生活できる今の暮らしがとても気に入っています。

 

 

2018.06.10 Sunday

美容院で希望の髪形に

 レストランありす4連休の1日目、私は1ケ月振りに美容院へ行きました。

 脳動脈瘤の手術から4ケ月を経過し、頭の外傷はほぼ以前の状態に戻りつつあります。

 私の髪のお世話をしてくださる美容院のオーナーさんも、毎月私の頭を観察していてくれます。

 「わあ傷跡が先月よりすごくよく治っていますね。ほとんど前と変わらなくなりましたよ。回復力が凄いです」と言っていただきました。

 オーナーの妹さんが脳腫瘍のため私と同じように開頭手術したので、いつも妹さんと私を比較しながら傷跡を見ていてくれます。

 「今日のように天気が悪いと妹は頭が重く調子が悪いと言うけど、河野さんは大丈夫ですか」

 「はい、何にも感じません。いつもと同じです」

 「いやー、やはり凄いですね、この回復力。先月は縫った後のミミズ腫れが、もっとはっきりしていましたが、今は手術前とほとんど変わらないですものね」などと言葉を交わしました。

 気を付けてみていてくれるのは、私にとっては有り難いことです。

 そこで最近前髪の癖毛がまた出てきたので、全体にパーマはかけず前髪だけストレートパーマをかけてもらうことにしました。

 私は単純なショートカットに見えるかもしれませんが、頭にはとても気を遣っていて、いつもどうすればだらしなく見えないかを自分なりに工夫しています。

 ヘアカラーは強すぎるので、私はずっとヘアマニキュアをしています。

 白髪がない後ろ側をオレンジのヘアマニキュアをしていただくと、柔らかなブラウン色になり、白髪混じりの前髪はオレンジとブラウンを混ぜて、髪全体が同じ色に見えるようにしていただいています。

 カットもマニキュアも、自分がこうありたいと思う結果がこの髪形であり髪の色になり、私は美容院でその希望をずっと通していただいています。

 こういう会話からも分かるように、こうして日にちが経つごとに社会復帰できたという現実が目の前にあり、脳の手術をしたという記憶が私のなかでだんだん遠ざかっていきます。

 

 

 

 

 

2018.06.08 Friday

ウーンいい香り・・・よもぎ餅

 毎年必ず私が作るのはよもぎ餅です。

 今の時期よもぎの背丈は伸びてしまいましたが、先端の柔らかい葉だけ摘んであく抜きをします。

 よもぎの収穫地ありすの農場は、周りから隔離され農薬が入る可能性はありません。

 その場所でせっせと葉を摘み、重曹であく抜きをし水にさらしておきます。

 きれいな濃い緑色が鮮やかで、良い香りを放つのでよもぎは私が好きな匂いです。

 そのよもぎを蒸し立ての餅といっしょに搗くと、きれいに混ざりながら白いお餅がみるみるうちに緑色のお餅に変わっていきます。

 子供たちが小さかったころは、我が家のお餅は臼と杵で搗きましたが、今はパン焼き機で簡単に作ることができます。

 よもぎの葉を摘んであく抜きする手間が、かろうじて簡単便利に作れるよもぎ餅の美味しさを保っています。

 私は毎年こうして味覚と視覚と嗅覚を精一杯使って、季節感を満喫します。

 四角く切った餅の隅っこをポンと口にいれ、また今年もよもぎ餅を味わえた喜びをかみしめています。

 よもぎ大福を作ろうと、先日自分で煮た餡を冷凍したままでしたので、今日は間に合いませんでしたが、仕事との兼ね合いを見ながら近いうちに挑戦します。

 ウーン季節の香りって素晴らしい!!!

 

 

2018.06.07 Thursday

危ない危ない・・・・!!!!

 我が家の愛娘たち・・・といっても2羽の雌鶏ですが、最近キタキツネがケージの周りをウロチョロしています。

 以前から家の前をよくキタキツネが通りますが、最近はただ通り過ぎるのではなく、鶏の匂いを嗅ぎつけたらしく、狙っているようです。

 私の姿を見るとさっと何処かへ行きますが、油断できません。

 幸い2羽が入るだけのこじんまりした鶏舎ですが、金属製でしっかり作られているし編み目も細かいし、何より私がしっかりと南京錠を掛けているので直接の被害はありません。

 私には鶏たちがとても慣れていて、かぎを開け体を触っても平気です。

 鶏でも私は害を与えない存在だと分かるのでしょうね。

 好物の植物コンフリーは、手で持って食べさせた方が食べやすそうです。

 鶏にも私は情が移り、鶏が理解しようとしまいと話しかけるのですから、他所から見ると少々滑稽かもしれません。

 何が何でもキタキツネの餌食にしてなるものかと、この頃はたえず目を光らせている私です。

 

2018.06.06 Wednesday

滝上町議会一般質問を傍聴

 滝上町議会一般質問を傍聴するため、滝上町役場の議会室に行きました。

 今日の一般質問は、4人の議員さんが質問席に立ちました。

 今回は本当に町民の側に立って、町の姿勢を問う質問が多く感じられました。

 今日の議会は意味もなく攻撃が先行することもなく、淡々と進められました。

 これからの社会必ずのつきものは人口減少と、高齢化の波が押し寄せていることに話は行きつきますが、それは全国的な傾向で、ある意味社会の流れは止めることが難しく、仕方のないところまで来ています。

 日本全体を見ると、東京へと中央集権され制度が動いています。

 北海道を見ると、それが札幌に集権されているのが現状です。

 滝上はと言えば、今日の質問を聞いていると、公営住宅を町の中心地に建てたらどうかという意見も聞かれました。

 軽く効いていると、滝上も小さいながら中央に集権をと聞こえなくもありませんが、ちょっと違っていたのは権力を中央に集め為政しやすくするためではなく、益々増える高齢者の一人暮らしに対して、買い物も病院も役場も金融機関も、近くにあると便利なので、今後の事を考え中央にと言ったことがよく解りました。

 中央の存在の分かりやすい意味と、為政者が誰の方向を向いているのかが大切で、今日の議員さんたちの質問は、高齢化社会に向かい暮らしやすい町であってほしいと言っているのだと、私は勝手に解釈しました。

 議員さんたちは、自分は町民の代表なんだという自覚をさらに抱き、町民の手となり足となって日々頑張ってほしいと思います。

 

 

2018.06.05 Tuesday

花でいっぱいにする

 レストランありすのささやかな花壇に、今年も花を植えるべく旭川の農園に行ってきました。

 植える花はマリーゴールドと決めています。

 マリーゴールドはどこにでも咲いている平凡な花ですが、私が買い求めるのは大輪の花が咲く種類です。

 黄色とオレンジに加え、初めて見るクリーム色のマリーゴールドも買いました。

 びっしり植えると結構豪華になり、新しい色が加わることで楽しみ倍増です。

 タイマーをつけ自動散水しますので水不足にならず、花にとっては快適な温床になることでしょう。

 ありすの室内は生花を切らしたことがありませんし、私はレストランありすを内も外も有機的な存在にしたいと、たえず心配りをしています。

 特に女性の年配の方は、「生花が飾ってあるお店はあまりないので、美味しい食事とともに、とても気分よく食事ができました」

などと言っていただけることもあります。

 さあ明日は早朝からレストランありすの花壇に、今日買ってきたマリーゴールドを定植です。

 

2018.06.04 Monday

責任感は強くありたい

 私の一番の特徴は自分で言うのはおかしいかもしれませんが、責任感は誰にも負けないつもりです。

 これをやらなければと思ったことは、時間を考えず徹底してやり遂げます。

 決して安易な方に逃げることはしません。

 もっと肩の力を抜ければどんなに楽かと思いますが、性分は一生続くだろうと思います。

 簡単に自分勝手な理由をつけて、努力する前に責任を放棄することは、私には考えられないことです。

 私は決して自分と同レベルの責任感を、周りに押し付けるつもりはありませんが、あまりにかけ離れたことには同意できません。

 これを書いたところで、誰も何が何だか解らないでしょうが、自分への再認識としてこう書かざるを得ないのが今の私の本音です。

 

2018.06.02 Saturday

[レストランありす]連休のお知らせ

 芝ざくらの色が全体にくすみ始め、今年の芝ざくらシーズンは間もなく終わろうとしています。

 レストランありすのスタッフは、全員期間中よく頑張ってくれました。

 特に5月の半ばからは休日返上で、一丸となって働いてくれました。

 観光客の訪問が少しずつ遠のき始めるのを境に、レストランありすに連休をいただき、再びスタッフに元気に働いてもらうためご協力をお願い申し上げます。

 

 レストランありす連休のお知らせ 6月9日土曜日〜6月12日火曜日

 

 皆様には大変ご迷惑をお掛けしますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

BLOG
ONLINESHOP
Facebook
Twitter
Selected Entries
Categories
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Archives
Recent Comment
Links
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Sponsored Links
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM