2020.06.25 Thursday

久し振りの無添加食品・食材

 私が仕事をしているりんねしゃ本社の事務所と地続きに、りんねしゃの無添加食品のお店があります。

 私はこちらへ来てから何度となく店に行き、好きな食べ物や食材を買っています。

 副食は多くの無添加の種類の中から、ここでしか食べられないものを選び、また身体に優しい豊富なデザート類も選んで買いました。

 美味しい食べ物があると何故かしあわせ感満載で、私は仕事にも良い影響があります。

 そしてそれと同じくして、応対してくれる社員たちと話をするのがとても楽しいです。

 私が滝上で漬けてこちらへ送った梅干しや、紅生姜の話題などが話しの中にテーマとして出てきます。

 私が北海道に行ってから入社した社員たちとも話が出来、とても親近感を覚えます。

 こういう人柄の良い人たちが、りんねしゃを支えてくれているんだと私は改めて感じています。

 接客の大切さはお客様に与えるものが大きく、かつて私がこの店で接客していた頃を思い出しました。

 

 今日は事務所に連れてきた愛犬はなを足元に座らせ、一日パソコンの前に座り仕事をしましたが、とても捗りうまくいきました。

 この調子でやらなければならないことを、明日もコツコツとこなす予定です。

 さあ今日買った食材を活かし、今から美味しい食事の時間です。

 

 

2020.06.24 Wednesday

フェリーで来たのは正解だった

 滝上町の家からフェリー乗り場へ直行し、フェリーでは個室をとり、名古屋港で下船してからも車でそのまま津島市へ直行。

 途中人混みにもまれることなく辿り着き、りんねしゃの事務所では一人でコツコツとパソコンに向かって仕事。

 東京では今日もコロナ患者の罹患者を発表しています。

 私はもし飛行機で来た場合人混みは避けられないし、電車にも乗らなければならなかったことを考えると、今回フェリーで来たのは正解だったと思います。

 はなはこれまでも数回フェリーで一緒に愛知に来ていますので、散歩に出てもさっさと私の家に先導して戻ります。

 ただ蒸し暑さは苦手とみえはあはあと荒い呼吸をするので、朝の散歩は早朝そして夕方の散歩は日が暮れてからにしています。

 私は何事もはなの顔色と様子を眺め無理をさせないように、充分気配りをするのが一緒に住んでいる相棒としての役割だと思っています。

 こちらでの仕事はまだ始まったばかり、今月中はじっくり仕事をします。

 

2020.06.23 Tuesday

愛知県津島市の本社に来ました

フェリーのはな

 

  波風を受けフェリーの甲板で気持ちよさそうな愛犬はな

 

 道外への往来が解禁になったのとANAは今月も旭川ー中部国際空港間が飛ばないため、今回は愛犬はなと一緒に太平洋フェリーで、本社がある愛知県津島市へ来ました。

 フェリーでは犬はケージの中でしか乗れないので、普段家の中で自由気ままに暮らしているはなは、ハウスを嫌い中に入れようとすると、全身で踏ん張りことのほか抵抗しました。

 可哀想ですがこれは仕方なく、だから船の中にいても何もすることがない私は、何度も何度もはなの所へ行き甲板に出して一緒に海を眺めたりしていました。

 名古屋港についてみると、滝上では小寒く夜はストーブを点けていましたが、愛知の蒸し暑さは覚悟していたものの、湿度の高さと車の多さに早くも疲れを感じてしまいました。

 2週間もはなとは離れて暮らせないので、連れて来て良かったと思いますが、高齢犬だし毛皮を着ているので、暑さで体力を奪われないようにと家に着いてから、エアコンを2台つけ部屋をしっかり冷やしました。

 はなは早速私のベッドに飛び乗り、気持ちよさそうに寝ています。

 はなも落ち着いたし、私もあらゆることがスタンバイできたので、明日からこちらでしっかり仕事をします。

 

2020.06.21 Sunday

いつまで続く・・・天候不順

 毎日雨がシトシトと降り続き、夜になると気温が下がります。

 我が家の横は渚滑川が流れているためか、未だに毎晩ストーブを点けなければならないほど寒さを感じます。

 庭の木々はそれでもシャンと立っていて、寒さに対応しにくい人間のもろさを感じる日々です。

 霧雨が幸いしてか庭では今もワラビの収穫ができ(といっても一日30-40本くらいです)、一人で食べるには充分な量です。

 おかげで私の食卓は毎日庭で採ったワラビやフキやウドの芽など山菜ずくしで、満たされた食生活です。

 今のうちに一年分の山菜をしっかり食べておこうと思います。

 他所から来た私が山菜の話をすると珍しがられますが、子供の頃母とワラビを摘みにいったり、田んぼに自生するセリを取りに行き、毎年時期になると食卓に並びました。

 その血を5人姉妹の末っ子の私が引き継いでいて、私は姉妹の中でも特異な存在です。

 数年前まで4人の姉のために、毎年母から直伝の梅干しを作ってあげていましたが、ここ数年は体力的なことと多忙な理由で断っています。

 その時期に採れたもので加工・工夫をした食生活をする母の教えは、私がしっかり受け継いでいます。

 しかしこの天候不順はいつになったら終わるのでしょうか、私は晴れ上がった青い空が見たい!!!!!

 

 

 

2020.06.20 Saturday

レストランありす店内の掲示板

禁煙

 

       レストランありすの掲示板

 

 店に貼るようにと北海道保健福祉部から送られてきたポスターを、ありす店内の掲示板に貼りました。

 元々レストランありすは店内も店の外も禁煙で、開店したときから「禁煙の店」として北海道庁に届けてあります。

 私はタバコアレルギーで、誰かが吸ったタバコの煙を嗅ぐだけでも咳が出て喉が痛くなり、そのうえ気持ちが悪くなるので、開店する前からそれを決めていました。

 「店の外くらい灰皿を置け」と食事にきていただいた方が、帰りしな捨て台詞をはいていかれたこともありますが、私はそれでも店内店外の禁煙を貫き通してきました。

 タバコの害が徐々に知られるようになり、受動喫煙防止条例ができこのようなポスターが配られるようになったおかげで、一般の人たちに浸透するようになったのは喜ばしいことです。

 タバコを吸って体調が悪くなってもそれは本人の責任ですが、その人が吐くタバコの煙が害を及ぼすのですから、周りにいる人間はたまったものではありません。

 タバコは体に悪いから電子タバコに換えたという人がいますが、ご自分で電子タバコについて徹底的に調べられたらどうでしょうか。

 

 

 

 

2020.06.19 Friday

よつ葉乳業の歴史を作ってきた社員たち

ありす よつ葉

 

     ありすに置いてある[よつ葉乳業の歴史]

 

 レストランありすの花壇の整備を終え、私は店内でよつ葉ソフトクリームを食べ、コーヒーを飲みました。

 目の前にはよつ葉乳業を紹介するビデオが流れています。

 ビデオの中で今日は小林部長さんがよつ葉の紹介をしています。

 小林部長さんが若かりし頃赴任先の名古屋に居られ、私たち(株)りんねしゃの社員はとてもお世話になりました。

 よつば乳業産地研修で愛知から北海道のよつ葉乳業を訪問したときも一緒に随行していただき、よつ葉の工場見学や酪農家を訪問したり、紋別市の知り合いの所でカニをたくさん食べたりの、良い思い出がいっぱいあります。

 昨年よつ葉乳業(株)を訪問した折久し振りに小林部長さんにお会いでき、かつての優しさがそのまま残っていて、しかし以前よりずっと全てが大きく見えたのは、仕事を積み重ねた結果の貫録だと思いました。

 ありすのビデオの前には、よつ葉乳業の30年史・50年史などが置いてあり、誰でも自由に見られます。

 この歴史の中に表れてはいませんが、私もよつ葉乳業と関わってきた数十年の歴史があります。

 この本を手に取る度に、些細なことを含め現在の「よつ葉ノンホモ パスチャライズ牛乳」のたどった道などを思い出します。

 よつ葉乳業の歴史と、私はこれまでに関わってきたよつ葉乳業の社員一人一人を鮮明に覚えていて、未だに名前と顔が一致するほど皆さんにお世話になりました。

 よつ葉乳業でこれまでに関わった社員の皆さまは、どの人も年齢を重ね久し振りにお目にかかると、温厚で重厚な感じになっていて、まさによつ葉の歴史を証明する人たちだと思います。

 そういう時私は自分に置き換えて、私も若い時より少しは成長の跡が見られるだろうかと自問自答してしまいます。

 

 

 

 

 

2020.06.18 Thursday

ふるさとまつり中止の決定は早すぎる・・・!!!!!

 滝上町は今年の8月の盆踊りと9月のふるさとまつりは中止の決定が出たそうです。

 9月のことを今決めなくても、あと1-2ケ月様子を見ることは不可能だったのでしょうか。

 聞くところによると「もしふるさとまつりでコロナに感染した人が出たときは、誰が責任をとるんだ」の意見に参加した実行委員は従ったそうです。

 コロナを軽視するわけではありませんが、世界はともかく日本でこれまでコロナに感染したからといって、誰かが責任を取らされた事例はあったでしょうか。

 たとえばインフルエンザのために学校が臨時休校になっても、校長や先生など学校関係者に責任を取らせることはありません。

 

 コロナのために今年は芝ざくら滝上公園が閉鎖になり、観光バスも来ない観光客も来ないなかで、レストランありすはとても痛手を受けました。

 だからこそ私はふるさとまつりに出店し少しでも売り上げを取り戻そうと、提供する食事の新メニューを考えたり、それとは別にふさとまつりを盛り上げようと私なりの策をずっと考えていましたが、それは無駄に終わりそうです。

 代表の実行委員はその場の意見を一度持ち帰って、それぞれの町内の人たちの意向を聞くなどしてから、最終結論を出すべきではなかったのでしょうか。

 自粛期間が長かった時期だからこそ、町民が一致団結して何かに挑むのも、大切な行事ではないのでしょうか。

 コロナに振り回され自粛していたのが全面解放された今、これからまだ3ヶ月先の中止決定は私には何だか腑に落ちません。

 

 

 

 

 

  

2020.06.17 Wednesday

花畑が果樹畑に・・・・・!

ザクロ畑

 

     事務所の横が果樹畑になりました

 

 事務所の横で[芝ざくらの丘]を目指して芝ざくらを植え育てていましたが、スギナや偽の芝ざくらに良く似た草花や雑草に席巻された花畑を、今日は思い切って方向転換し果樹畑にしました。

 木を植える作業をしていると、道行く人が「何を植えてるの?」と声を掛けてきました。

 「果樹です」と答えると「こんな所に植えたら、実が生ったとき取られちゃうよ」「え、そこまで考えませんでした、気をつけないとね」と答える私。

 ここはいろいろな町民の通り道です。

 実がなるのは何年も先のことですが、人より鹿の被害を受けそうなので何か防護柵をこれから考えることにします。

 何の果樹かは出来てからのお楽しみ・・・・・。

 

2020.06.16 Tuesday

アベノマスクが届きました

 今日私にもアベノマスクが届きました。

 せっかくいただきましたが、私はこのマスクは必要ありません。

 昨日紋別市のスーパーに行ったとき、レジが済んで買ったものを袋に収める台の上にボックスがおいてあり、箱の横に(使用していない不要のマスクは必要な施設などにお届けしますからこの箱に入れてください)というようなことが書いてありました。

 これは良い考えだと思いましたので、私もアベノマスクをその箱に入れ、必要な方たちに使っていただくことにします。

 あれほど大々的に全国民にマスクを届けると発表してから随分日にちが経ち、コロナ感染者が少なくなって自粛が解かれた今頃マスクが届いても、あまり有り難くないのが私の本音です。

 このアベノマスク一枚の値段くらいで、7枚入りのマスクが再びドラッグストアに並び始めました。

 善意の品でしょうが少し遅すぎましたね。

 

2020.06.16 Tuesday

愛犬はな動物病院へ行く

 昨日の夜愛犬はなは寝ていて痙攣をおこしました。

 昨夜は心配で夜中に時々様子を見ていましたが、それ以後は何もありませんでしたが、私ははなを掛かりつけの動物病院へ診察に連れて行きました。

 普段は何も病気をしないはなですが、だからこそ私ははなの健康がとても気になります。

 先生の痙攣に対しての説明は、原因は3つあり

 1 頭の中の問題は中に腫瘍がができていたり、以前交通事故などで頭を打ったことがある場合・・これはMRAの検査をします

 2 頭の外の問題で、肝臓・腎臓・心臓に疾患がある場合・・・これは血液検査で判るそうです。

 3 突発性の痙攣・・・原因は不明だそうです。

 調べるために血液検査をしていただきました。

 検査結果はパーフェクト、全て正常値で何も問題はないとのことでした。

 はなは最近太り始めたので、コレステロールとか中性脂肪が気になっていましたが、「何処も悪いところがないので今度の痙攣は年齢から来るものでしょう薬は飲まなくても大丈夫です」とのことでした。

 昨夜私ははなが気になってよく眠られなかったのですが、とても気持ちが落ち着きました。

 

 中性脂肪もコレステロールもかなり低く、はなは食生活が良いのでしょうか。

 はなの好物はドッグフードより玄米が好き、そして最も好きなおかずは納豆です。

 犬にしては本当に変わっている子で、私と同じように最近は1パック食べます。

 そのまま調味料など何もかけないでもパクパクと食べ、時々納豆とたまごを混ぜたものも食べます。

 先日私のおかずの牛のステーキをはなにも少し分けてあげましたが、赤い肉だけ食べ脂身は食べず残してありました。

 時々はなにも何か食べたいものがあるかもしれないと、最近多忙で自宅でパンを焼く時間が無くなり、パンも好きなはなのために、コンビニで菓子パンをひとつ買ってきてあげました。

 ガサゴソと袋の中からパンを出している私の手元を、何が出てくるかとはながじっと見つめています。

 納豆豆パンという種類でしたが、いくら細かくちぎってあげても、一応臭いは嗅ぎそのまま顔をそむけ、とうとうそのパンは食べませんでした。

 人間はほとんどの人が嫌いなものの1つやや2つはあると思いますが、はなはそれが徹底していて嫌いなものというより、食べない方がよいものを嗅ぎ分けているように思います。

 私は最近はなの体力の衰えを感じていますが、血液検査を見ると衰えてきたからこそ、食べてよいものと良くないものを自分のものさしで決めている結果が検査結果に出たのかもしれません。

 

 

 

BLOG
ONLINESHOP
Facebook
Twitter
Selected Entries
Categories
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Archives
Recent Comment
Links
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Sponsored Links
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM